学生監補日記

  べっち~ BLOGのナビゲーター   トップページ > 2011年12月05日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落ち葉の数も佳境に入りました。

2011 - 12/05 [Mon] - 19:52

秋の装いから、一段と冬の装いが強くなってきました

 今日は、先日の雨の影響もあって沢山落ちた葉を掃いて行きました


綺麗になった所を見ると、なんだか清々しい気持になりますね。


 ところで。。。掃除で思い出したんですが……

年末の大掃除ってもう始めてますか


 私は、完全に忘れておりました

でも、まだそれを思うのは先になるのかな。。。


 うっかり者の私は、今から準備を始めないと大変な事になりそうです

 こうした時に平生からコツコツしておかないとな… って思うんですけどね。


     思った時が吉日。。。


    これから頑張りまぁ~す

       111205_070049.jpg
今朝もまた素晴らしいお日の出でありました!!


今朝の御神詠とおことば

千早振る神の生み出す生みの子よ 親の心を痛ましむるな

‐コメント‐
 先日、教会所用務で50日祭・納骨祭をおつとめ致しました。

 50日祭後、自宅から1時間程かかる山にご当家のお墓があり、そこはしっかりと草刈りをし、綺麗に保たれておりました。

 その後、当主との話しで、「ここへお墓をたてたご先祖様の苦労を思うと、今の私の苦労など何でもありません。。。」との話しがあり、ご先祖様への想い、敬う気持ちに感銘を受け、その大切を改めて感じました!


(おこたえ)
 本当にその通りですね。以前、司教をもつとめられた先生が、教会所教徒全戸に霊舎御神号を奉るとしてつとめられ、皆ご先祖様を敬う気持ちが強くなっているとの話しを聞き、胸熱くする想いとなりました。

 そうした先祖を敬う気持ちが、更には“親の親その親々を訪ぬれば 天照らします日の大御神”との赤木高弟が詠まれた歌に表れるところとなり、命の大元たる大御神様、その大御神様とご一体の教祖神へと通ずるものとなりますね!

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

学生監補

Author:学生監補
。。。黒住教。。。
黒住教は、昇る朝日を拝む「日拝(にっぱい)」の宗教です。
日の出を拝み、感動と感謝の心で、人に社会に誠を尽くす事を、そのつとめとしています。
黒住教教祖宗忠様は、「人は皆、天照大御神様の“ご分心”をいただく神の子」という人間観を明らかにされました。
“親心”でお護りお導き下さる天照大御神様に孝養を尽くす思いで、神の心である私達の“本心(ご分心)”を、丸く大きく明るくあたたかく逞しい、本来の姿に養い育てる事が本当に生きるということです。
教祖宗忠様が説き明かされた教えは、“心なおしの道”であり“開運の道”なのです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。