学生監補日記

  べっち~ BLOGのナビゲーター   トップページ > 2011年12月03日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養心塾“道のいろは”

2011 - 12/03 [Sat] - 14:18

昨日から、神道山養心塾“道のいろは”の“はの講”が開講されてます

 これは、“い・ろ・は”と3回、3ヶ月に渡って行われるもので

私達の一番の祈りの時である“御日拝”をはじめとして

お日の出の郷神道山で、教祖宗忠神の教えに触れ、追体験していただこうというものです。


 “修行”というと、とても厳しいものに感じます。

勿論、自分を律する為にそうした事も必要ですが、人生を明るく楽しく過ごしていく為のものだと思うと、なんだか楽しくなりますよね


 今、受講されている方々もとても楽しく学ばれています!!


 
どうぞ皆さんもお気軽に足を運んで下さいね。。。



                   待ってまぁ~す





今朝の御講話

 今朝は、神道山ならではの素晴らしいお日の出をお迎えし、有り難くも尊いものを共にいただきました事を嬉しく思います。

 その御日拝の中心は“ご陽気修行”であります。

3年後に立教200年を迎える本教ですが、教祖様は、今から197年前、お日の出を拝む中に、大御神様と御一体になられ、名実共に生きながらに神となられました。

それは同時に、“ご陽気修行”の始まりであります。

 そして教祖神は、人は大御神様の“ご分心”をいただく存在である事を悟られました!

普段の呼吸は、私達の身体を養うものですが、この“ご陽気修行”は、その“ご分心(心の神様)”を養うもの、我がご分心へお供えするような気持ちでつとめて下さい。

 そして、心身共に健康で、活かされている喜びを実体験し、伝え・お道づれと共につとめて下さい。

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

学生監補

Author:学生監補
。。。黒住教。。。
黒住教は、昇る朝日を拝む「日拝(にっぱい)」の宗教です。
日の出を拝み、感動と感謝の心で、人に社会に誠を尽くす事を、そのつとめとしています。
黒住教教祖宗忠様は、「人は皆、天照大御神様の“ご分心”をいただく神の子」という人間観を明らかにされました。
“親心”でお護りお導き下さる天照大御神様に孝養を尽くす思いで、神の心である私達の“本心(ご分心)”を、丸く大きく明るくあたたかく逞しい、本来の姿に養い育てる事が本当に生きるということです。
教祖宗忠様が説き明かされた教えは、“心なおしの道”であり“開運の道”なのです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。