学生監補日記

  べっち~ BLOGのナビゲーター   トップページ > 2011年12月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末ジャンボ!!

2011 - 12/15 [Thu] - 16:27

 年末ジャンボ宝くじはもう買われましたか

 私はまだ購入してないんですけど。。。毎年大きな夢を描きながら楽しみにしている事の一つですね。


毎年悩むのが……どこで買おうかなって事です。


 色々と噂を聞いたりもしますが、こればっかりは本当に分からないですもんね。。。

       111215_071451.jpg


今朝の御神詠とおことば

誠から祈れば神はあらたなり 神の心で神を祈れば

‐コメント‐
 昨日、友人から連絡があり、無事に就職したとの報告を受けました!

 教主様から、人の為に祈る事の大事を教えていただき、その実践につとめてきましたが、その連絡を受けた時、自分の事のように嬉しく思いました。


 これからも人の為に祈る事の実践につとめ、大切にしていきたいと思います。


(おこたえ)
 それは本当に良かったですね。

 白衣を着ける教師としての自覚・自信という心棒を太くするのは、そうした事の積み重ねです!

 親が子供を生み育てる中に、子供が親として育ててくれているように、お道づれが我々を教師として育てて下さっています。


 人の為に祈る事は、自分自身が“おかげ”を受ける、まさに“まること”であります。そこには、今日の御歌にある“誠”がなければいけませんね。

スポンサーサイト

サイクリング!!

2011 - 12/14 [Wed] - 11:41

 昨日はお休みでしたし、風も弱く比較的過ごしやすい一日だったので

子どもを自転車に乗せて、サイクリングして来ました。


 最近、特に外に出るのが好きみたいで。。。

靴を履かせろ!とよくおねだりされます。


 昨日もそんな訳で、ちょっと近所を一回り、買い物もしながらブラブラとしてましたよ

楽しそうにしている姿を見ると、こっちも楽しくなってきます。


 加えて大分言葉も分かるようになって来たので、一段と可愛い時期になりましたよ。





今朝の御神詠とおことば

世の中は皆丸事の内なれば 共に祈らん元の心を

‐コメント‐

 先日、安産の御祈念の為に参拝された方が来られました!

 二人目の子供を授かり、この子も無事に生まれてきますように。。。との願いを込められており、私も祈り添えをさせていただきました。

 そうすると、自分自身が御祈念していただいたような気持ちになり、改めて人の為に祈る事の大切さを感じ、これからも大切にしていきたいと思いました!


(おこたえ)
 本当に大切な事ですね。

共にお道づれとして、教祖神をいただく我々は、初めて会った人であろうと、相通ずるところがありますね。


 それを更に大きく広げると、共に大御神様の御神徳をいただく人として、目や肌の色が違おうとも、お互いに心を大切にしていく事が、“誠一つで四海兄弟”のところであり、この御歌の“共に祈らん元の心を”とのところになりますね。

冬至大祭!!

2011 - 12/12 [Mon] - 11:53

 来る12月22日は、神道山・大教殿に於いて「冬至大祭」が執り行われます。


 この冬至の日は、黒住教教祖黒住宗忠のお誕生日であり、“天命直授”という大きなお悟りを得られた時であり、黒住教で最も大切な御祭の一つです


 是非とも多くの方々にご参拝いただき、“おかげ”を受けてもらいたいと思います。


 私は、その前に久しぶりに地元に帰る予定になってます


 日に日に成長していく我が子に会えるのを、じぃじ・ばぁばも楽しみにしてます。



御講話

 皆様ようこそご参拝でした。御日拝は、我々にとっては親しみ深いものでありますが、先月11月29日に行われました全国の宗教者が集まっての、世界平和の祈りの集いに於いて、是非とも神道山に泊まり、御日拝を体験したいと仰られている宗教者の方が次々とおり、日拝の宗教・お日の出と言えば黒住教という認識が強まっている事を、本当に嬉しく・尊く思いました。


 太陽を拝する宗教は世界的に見ても数多くあり、日を拝む事は民族的にも一番古く、最も大切にされてきました。
 とりわけ日本に於いては、その豊かな風土により、全ての恵みに感謝する信仰が深まっております。又、教祖神は、忠孝の念が厚く、親孝行として神と立とうとご立志なさいました。他にも親孝行の御逸話は沢山のこされておりますね!

 更に、今から197年前に、天命直授という大きなお悟りを得られ、“人は日止まるが故の人・日とともにあるが故の人”であるという事、地球に恵みをもたらす太陽をもつかさどる命の大元たる天照大御神様より、分け霊“ご分心”をいただく神の子であると教祖神は御教え下さっています。

 今、こうして生き・生かされている事への感謝の気持を一層強く感じていただきたいと思います。

 | HOME |  »

プロフィール

学生監補

Author:学生監補
。。。黒住教。。。
黒住教は、昇る朝日を拝む「日拝(にっぱい)」の宗教です。
日の出を拝み、感動と感謝の心で、人に社会に誠を尽くす事を、そのつとめとしています。
黒住教教祖宗忠様は、「人は皆、天照大御神様の“ご分心”をいただく神の子」という人間観を明らかにされました。
“親心”でお護りお導き下さる天照大御神様に孝養を尽くす思いで、神の心である私達の“本心(ご分心)”を、丸く大きく明るくあたたかく逞しい、本来の姿に養い育てる事が本当に生きるということです。
教祖宗忠様が説き明かされた教えは、“心なおしの道”であり“開運の道”なのです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。