学生監補日記

  べっち~ BLOGのナビゲーター   トップページ > 2011年09月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御神詠。。。

2011 - 09/24 [Sat] - 18:04

有り難き又面白き嬉しきと みきをそのうぞ誠なりけれ
‐コメント‐
8月20日に、大元・武道館に於いて、吉備楽十六日会総会が執り行われ、出演させていただきました!

 演奏会が始まる前には、宗忠神社宮司様斎主の元に、吉備楽を支え繋げてきて下さった先人方の慰霊祭が執り行われ、こうした祈りの上に立っての総会なのだと、一層の有り難さを感じました!また来年も参加出来るように、しっかりと稽古していきたいと思います。


(おこたえ)
それは素晴らしい事ですね。これからもしっかりつとめて下さい!
この御歌は、“有り難き 面白き 嬉しき”の3つの“き”を御神前にお供えするお神酒になぞらえて、ユーモラスに詠まれたものですね。又、日々感動を忘れてはいけませんよとお戒め下さっている御歌でもあります!

スポンサーサイト

御神詠。。。

2011 - 09/18 [Sun] - 16:50

有り難やかかるめでたき世に出て 楽しみ暮らす身こそ安けれ
‐コメント‐
 8月1日から3日迄の間、RSK山陽放送ラジオに副教主様が出演され拝聴し、色々と勉強になりました!

 私の知人で、教主様特別新春御祈念を受けられ、大変喜ばれて2ヶ月に1度御祈念にお参りになる方がおり、私に「いつも明るく元気をもらえます。」と言っていただき、私自身も嬉しく思いました。


(おこたえ)
それは有り難い事ですね。ラジオ放送の際にも、その気持ちの明るさの事を言われましたが、そうした前向きな気持ちが大切ですね。

一昨日から、東日本大震災で被災した中学校のサッカー部が、ここ岡山に来ております。彼等も又本当に明るく元気で、それがいい結果へと繋がっていきますね。

2011 - 09/15 [Thu] - 18:52

 前日は、生憎の天気となっていましたが。。。

 朝を迎えてみると、綺麗に晴れ渡り、神々しさを一層深く感じました。
110915_055247.jpg



有り難や我日の本に生まれきて その日と共に暮らす心は
‐コメント‐
先月、東日本大震災で被災した中学生が、神道山にお参りになりました。

 子供達は、大震災を受けて様々な苦難があるはずですが、元気良く挨拶をしてくれて、逆に私が元気をもらうほどでした。
 又、引率の先生とお話しする機会があり、「神道山はいかがですか?」と尋ねると、「こんなにゆっくり寝られたのは久しぶりです。」と言われ、改めて、日常当たり前に出来ている事が有り難い事なんだと感じました!

(おこたえ)
この御歌をいただく度に思うのが、戦後間もない日本を回られた天皇陛下が、被災した国民に。。。
「よく生きててくれました。」と仰っしゃられ、その言葉に感動したと話されてた方がおり、「感動するのはDNAがそうさせているのか。。。」と言われ、それはあまりにも無機質なものではないか!?との話しを!

 医学的にはそうかもしれませんが、そこに情感がなければいけませんね。今の我々にとって身近にあるのが“ご陽気修行”です。

 物理的には、呑気法・腹式呼吸と言って空気がお腹の中に入ってくる訳ですが、それだけでは無機質なものになってしまいます。
 本体は、その空気を飲み込む中に、大御神様の御神徳・御光りを体の中に満ち渡らせて、更には下腹に鎮まる“ご分心”へお供えするような気持ちでつとめなくてはなりませんね。

 | HOME |  »

プロフィール

学生監補

Author:学生監補
。。。黒住教。。。
黒住教は、昇る朝日を拝む「日拝(にっぱい)」の宗教です。
日の出を拝み、感動と感謝の心で、人に社会に誠を尽くす事を、そのつとめとしています。
黒住教教祖宗忠様は、「人は皆、天照大御神様の“ご分心”をいただく神の子」という人間観を明らかにされました。
“親心”でお護りお導き下さる天照大御神様に孝養を尽くす思いで、神の心である私達の“本心(ご分心)”を、丸く大きく明るくあたたかく逞しい、本来の姿に養い育てる事が本当に生きるということです。
教祖宗忠様が説き明かされた教えは、“心なおしの道”であり“開運の道”なのです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。