学生監補日記

  べっち~ BLOGのナビゲーター   トップページ > 2011年08月13日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 - 08/13 [Sat] - 19:43

8月20~22日迄

 第25回 まることヤングキャンプ

今年は、神戸にあります“しあわせの村キャンプ場”にて、キャンプが行われます

参加者の思い出に残る3日間にしたいなぁと思います

 やっぱり夏と言えば… 花火・スイカ・祭・キャンプ・TUBEですか


改まる心許さず一筋に 誠ばかりで悪をさる年
‐コメント‐
先月、教会所での大祓大祭があり、参拝者の方々に七夕短冊へ願い事を書いて笹の葉に吊してもらうのですが、年配の方から子供まで、殆どが東日本大震災の一日も早い復興を願うものであり、強く感銘を受けました!

(おこたえ)
それは本当に素晴らしい事ですね。

この御歌は、教祖神ご在世中の申年に詠まれたもので、「悪を“去る”」と「年の“申”」をかけてユーモラスに表現されています。又、“心許さず”とありますが、日々つい自分を甘やかしがちになるところを、心を強く用いていかなければなりませんね。

 まさに今日只今の大事であり、共々につとめてまいりましょう!


今朝は、生憎の天気となってしまいまして。。。

お日の出のはありませんが、いつもながら気持ちの良い一日を迎えられましたよ

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

学生監補

Author:学生監補
。。。黒住教。。。
黒住教は、昇る朝日を拝む「日拝(にっぱい)」の宗教です。
日の出を拝み、感動と感謝の心で、人に社会に誠を尽くす事を、そのつとめとしています。
黒住教教祖宗忠様は、「人は皆、天照大御神様の“ご分心”をいただく神の子」という人間観を明らかにされました。
“親心”でお護りお導き下さる天照大御神様に孝養を尽くす思いで、神の心である私達の“本心(ご分心)”を、丸く大きく明るくあたたかく逞しい、本来の姿に養い育てる事が本当に生きるということです。
教祖宗忠様が説き明かされた教えは、“心なおしの道”であり“開運の道”なのです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。