学生監補日記

  べっち~ BLOGのナビゲーター   トップページ > 2011年05月18日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご講話!!

2011 - 05/18 [Wed] - 12:05

朝のご講話

皆様、本日はようこそお参りでした!

我々は、37年前に霊地大元から今日のようなお日の出を求めて神道山へ移り上がってまいりました。

とりわけお日の出に多く顕れる大御神様の御神徳に手を合わし感謝する事は、黒住教だけではなく日本古来から、又世界中で尊ばれてきました!

黒住教教祖神は、流行り病で一週間の内にご両親を亡くされ、ご自身もその悲しみのあまり大病を患いましたが、御日拝をきっかけに本復へと向かい、更にはその後の御日拝にて、神秘的体験を得られて黒住教立教となりました!

それは、迫り来るお日さまのみ光りを思わず飲み込まれ、大御神様とご一体となられ大きなお悟りを得られました。
そして、皇祖としての天照大御神様だけでなく、万物全ての命の大元たる天照大御神様の存在を明らかにされました!
その命の大元である大御神様から“ご分心”をいただく神の子であると教祖神はみ教え下さっています。

こうして今日も皆様と共に大切な祈りの時である御日拝をつとめられました事を嬉しく思います。

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

学生監補

Author:学生監補
。。。黒住教。。。
黒住教は、昇る朝日を拝む「日拝(にっぱい)」の宗教です。
日の出を拝み、感動と感謝の心で、人に社会に誠を尽くす事を、そのつとめとしています。
黒住教教祖宗忠様は、「人は皆、天照大御神様の“ご分心”をいただく神の子」という人間観を明らかにされました。
“親心”でお護りお導き下さる天照大御神様に孝養を尽くす思いで、神の心である私達の“本心(ご分心)”を、丸く大きく明るくあたたかく逞しい、本来の姿に養い育てる事が本当に生きるということです。
教祖宗忠様が説き明かされた教えは、“心なおしの道”であり“開運の道”なのです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。