学生監補日記

  べっち~ BLOGのナビゲーター   トップページ > 2011年04月03日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗忠神社御神幸!!

2011 - 04/03 [Sun] - 18:27

毎年4月に黒住教団最大行事の「宗忠神社御神幸」が斎行されます。
これは宗忠神社鎮座(明治18年)の翌年の明治19年(1886)に宗忠神社御鎮座を記念して黒住教教祖・黒住宗忠が在世中に神職として仕えていた今村宮に奉告、同宮にお祀りされている天照大御神様とお引き合わせをしようと始まり、戦前戦中に途絶えていたものが昭和27年(1952)に復活した祭りであります。
御神体(黒住教教祖神)を奉斎した“御鳳輦(ごほうれん)”を中心に、古式にのっとった衣服を身につけた1,000人の奉仕者が、大元宗忠神社から祭典の行われる日本三名園の一つ“後楽園”に岡山市中を通って往復して
“日本国土の安泰・世界の大和・万民和楽”を祈る祭りで、“岡山さくらカーニバル”の中心的な祭りでもあります。

復活第60回目となる今年、ブラスバンドや阿波踊り等は自粛し、御旅所の後楽園では東日本大震災犠牲者の追悼慰霊と被災地の復興を願う儀式が厳粛に執り行われ、義援金への協力も呼びかけられました!

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

学生監補

Author:学生監補
。。。黒住教。。。
黒住教は、昇る朝日を拝む「日拝(にっぱい)」の宗教です。
日の出を拝み、感動と感謝の心で、人に社会に誠を尽くす事を、そのつとめとしています。
黒住教教祖宗忠様は、「人は皆、天照大御神様の“ご分心”をいただく神の子」という人間観を明らかにされました。
“親心”でお護りお導き下さる天照大御神様に孝養を尽くす思いで、神の心である私達の“本心(ご分心)”を、丸く大きく明るくあたたかく逞しい、本来の姿に養い育てる事が本当に生きるということです。
教祖宗忠様が説き明かされた教えは、“心なおしの道”であり“開運の道”なのです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。