学生監補日記

  べっち~ BLOGのナビゲーター   トップページ > 2011年04月02日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の御神詠!

2011 - 04/02 [Sat] - 20:19

天照らす神のみ徳は天地に 満ちてかけなき恵みなるかな

‐コメント‐
3年前に娘が昇天いたしました。葬儀の時、娘の遺影の目に黒いものが。。。それが涙のように流れた時、娘は逝く事が出来ないのでは?と。。。しかし、所長斎主の元、祈り・所作の美しさ等に娘を敬っていただいていると感じ、終わる頃にはその黒いものが消え、注文通りの遺影が!その後、所長の薦めで黒住教通信講座、今では百日修行を。娘も喜んでくれていると信じ、これからもつとめていきたいと思います。

(おこたえ)
まさに教祖神に抱かれるように昇っていったのではないでしょうか。。。同行二人(ドウギョウニニン)との言葉がありますが、一人ではなく娘さんと共に歩むこれからがありますね。それは本当に強いものを感じます!

       110331_060409.jpg
これは先月31日のお日の出です。

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

学生監補

Author:学生監補
。。。黒住教。。。
黒住教は、昇る朝日を拝む「日拝(にっぱい)」の宗教です。
日の出を拝み、感動と感謝の心で、人に社会に誠を尽くす事を、そのつとめとしています。
黒住教教祖宗忠様は、「人は皆、天照大御神様の“ご分心”をいただく神の子」という人間観を明らかにされました。
“親心”でお護りお導き下さる天照大御神様に孝養を尽くす思いで、神の心である私達の“本心(ご分心)”を、丸く大きく明るくあたたかく逞しい、本来の姿に養い育てる事が本当に生きるということです。
教祖宗忠様が説き明かされた教えは、“心なおしの道”であり“開運の道”なのです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。