学生監補日記

  べっち~ BLOGのナビゲーター   トップページ > 2011年04月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月10日 御神詠拝戴!

2011 - 04/21 [Thu] - 10:03

有るものは有るに任せて無きものを 養う人ぞ有り難きかな

‐コメント‐
ちょうど一ヶ月前大教殿によくお参りに来ていたお道づれが入院する事となりお手伝いをさせていただきました!入院手続きを済ませ部屋に入り準備も終えると

そのお道づれが窓の方へ向き「神道山はどちらですか?」と言われました!

ビルも建ち並び目で見る事は出来ませんが、「あちらの方です。」とその方向を差すと、そっちに向かって手を合わせておられ、その姿に信仰のあるべき姿、この方は教祖神との波長を合わせ教祖神を近くに感じながら道を歩まれているなと感銘を受けました。

(おこたえ)
今のお話しで思い出した事が。。。

天皇陛下が全国を回られる際宿泊のホテルに着くと侍従(付き人)の方が「こちらです。」とある方向を差すそうです。

それは“伊勢神宮”がある方角で、陛下は朝夕に国家・国民の為に毎日祈りを捧げられております。

その話しを聞いた時に私はとても感銘を受けました!世の中には目に見えるものと見えないものがあります。

しかし見えないからといって無いものと思ってしまってはいけませんね!

この御歌にある無きものとは目には見えない“心”ですね。我々は神様に心をいただいて生きています。その心を“心の神様”としてしっかりと養う事が大切。

“道の理”にも“心は主人形は家来なり”とあるように、心を主としていくと形は自然とついて来るものですが、逆になってしまうとバランスが崩れていってしまいますね!

スポンサーサイト

御神詠拝戴!

2011 - 04/20 [Wed] - 16:44

身も我も捨てて信(マコト)に入れ給う 君の心ぞ有り難きかな

‐コメント‐
昨日夕方にお参りに来られた方々がおり、足が悪いとの事で車椅子を用意しご案内を!色々なお話しをした最後にこの度の大震災を受けての義援金募金活動の話しをすると、すっと五千円札を出され「これを今日の募金箱に入れて下さい」と渡され、有り難く感じました。

(おこたえ)
この大震災で救助にあたる警察や自衛隊の方々も命懸けで取り組まれています。66年前に終戦となった第二次世界戦争では、特攻隊として亡くなられた方々がいます。自ら敵陣に突っ込む事などは、上から命令されただけで出来る事ではありません。お国の為・自分達の家族を守る為に自らが犠牲になっていかれました!まさに身も我も捨てて、信に入りたものであり、そうして我々はこうした平和な生活を送れていますね。

      110421_053931.jpg

 | HOME |  »

プロフィール

学生監補

Author:学生監補
。。。黒住教。。。
黒住教は、昇る朝日を拝む「日拝(にっぱい)」の宗教です。
日の出を拝み、感動と感謝の心で、人に社会に誠を尽くす事を、そのつとめとしています。
黒住教教祖宗忠様は、「人は皆、天照大御神様の“ご分心”をいただく神の子」という人間観を明らかにされました。
“親心”でお護りお導き下さる天照大御神様に孝養を尽くす思いで、神の心である私達の“本心(ご分心)”を、丸く大きく明るくあたたかく逞しい、本来の姿に養い育てる事が本当に生きるということです。
教祖宗忠様が説き明かされた教えは、“心なおしの道”であり“開運の道”なのです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。