学生監補日記

  べっち~ BLOGのナビゲーター   トップページ > 2011年04月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝の御神詠

2011 - 04/18 [Mon] - 17:57

天照らす神のみ徳を知る時は 寝ても覚めても有り難きかな

‐コメント‐
4月3日に執り行われた御神幸では、先導車の運転をしておりました!途中市役所での休憩の際、一人の男性が来て「“御神幸”が始まると春が来たなと感じます。」又「東日本大震災が起こり沈んでばかりではいけないですね、私も頑張ります。」との言葉をいただき有り難く思いました!

(おこたえ)
この度の御神幸に感動したという声も数多く寄せられ、有り難く感じますね。この御歌にありますが、“知る”というのはただ頭で理解するのではなく、それをキッカケとして腹に修める・体で覚える“体取(タイシュ)”する事が大切ですね。その為に日々の修行があります!頭だけで考えず、自身で行動をし身体で感じるようにしていただきたいと思います。神のみ徳を知るキッカケには病気になるとよくわかりますね。病気になるのはいい事ではありませんが、命に関わる体験により親は元より先祖・先輩達があってこその自分である事を感じますし、命を繋げて下さっている事・生かされている事・我々でいうならば教祖神が身近でお守り下さっている事への有り難さを感じる事が出来ます!明治時代のお道教師仲間の間では、病気になると“おめでとう”と声を掛け合っていたそうです。病気により“天照らす神のみ徳を知る”チャンスをいただけたとの思いで言われ、なった側もチャンスをいただけた事への感謝から“ありがとう”という返しを。。。そうした全てを受け
入れる・感謝する気持ちが“おかげ”となって顕れていたそうです。この“知る”“体取(タイシュ)”というところを大事につとめてまいりましょう!

今朝の御神詠!!

2011 - 04/17 [Sun] - 17:41

姿無き心を生けてつかいなば 天が下にぞ満ち渡るらん

-コメント-
本部の定休日の時、私は大教殿にておつとめしておりますと御祈念やお礼参りの方々で50名程のお参りがありました!色々な方々の話を聞いておると、それぞれに様々な生活があるのだという事を改めて感じました。今、東日本大震災を受けて被災地でも大変な状態が続いておりますが、その他の地域での様々な自粛も徐々になくしていき、経済的な効果を上げる為へ行動していかなければならないという話も出てきています。その中で私は祈りと奉仕を大切にし、震災で亡くなられた方々への慰霊を続け、被災地の一日も早い復興を願っていきたいと思います。

(おこたえ)
今年の宗忠神社御神幸も大幅に自粛した状態で斎行されましたが、“自粛”が“萎縮”になってはいけませんね。御神幸は明治18年に大元・宗忠神社がご鎮座なって、その翌年から教祖神が仕えておられた今村宮にお祀りされている神様とお引き会わせをしようと始まり、同24年からは後楽園を御旅所としての行列へとなりました。又時代の流れにつれて嬉しい・楽しい・めでたいといったお祭り要素も高まってきましたね。もちろんそれも大切な事だと思いますが、本体としてあるものは、御神体が動く言わば“動く神社”として人々が祈りを捧げるものですね。今年は見た目の華やかさはありませんでしたが、その本体たる祈りにつとめる事が出来、感動したという言葉も聞け有意義な御神幸になったものと感じます。この御歌の如く心を生かしてつかい、祈りにつとめて行く事が大切ですね。

       110417_053449.jpg

胎教の大切! 続

2011 - 04/16 [Sat] - 16:12

―――続―――

それは、お日の出が見えた瞬間に感じた母親の感動が

そのままにお腹の子供に伝わったとも思いますが。。。

そうした感動を持って御日拝をしている母親。そして

その気持を受け取った子供の感受性の豊かさに私自身が感銘を受けました!


一日一日そうした感動をもって迎えられているかという問いに

私が反省させられますし、今こうして命をいただいて生きている事への感謝。

無事に一日を迎えられている感動をもっていく事を忘れないようにしなければならないと思います。。。 

« | HOME |  »

プロフィール

学生監補

Author:学生監補
。。。黒住教。。。
黒住教は、昇る朝日を拝む「日拝(にっぱい)」の宗教です。
日の出を拝み、感動と感謝の心で、人に社会に誠を尽くす事を、そのつとめとしています。
黒住教教祖宗忠様は、「人は皆、天照大御神様の“ご分心”をいただく神の子」という人間観を明らかにされました。
“親心”でお護りお導き下さる天照大御神様に孝養を尽くす思いで、神の心である私達の“本心(ご分心)”を、丸く大きく明るくあたたかく逞しい、本来の姿に養い育てる事が本当に生きるということです。
教祖宗忠様が説き明かされた教えは、“心なおしの道”であり“開運の道”なのです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。