学生監補日記

  べっち~ BLOGのナビゲーター   トップページ > 2011年03月20日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共に祈りを。。。

2011 - 03/20 [Sun] - 11:52


有り難やかかるおじひのみ教えを 聞くにつけても涙こぼるる
-コメント-
3月16日に、此度の大震災の被災者に向けてのメッセージが今上陛下から送られました!最後の一文に“国民一人一人が、被災した各地の上にこれからも長く心を寄せ、被災者と共にそれぞれの地域の復興の道のりを見守り続けていく事を心より願っております”と締めくくられておりました。復興とは、建物が直ったり等と形としてのものだけでなく、大震災によって傷ついた人達の心の復興が大切であり、これからも被災した方々の為に祈り続けていきたいと思います。

(おこたえ)
自分が被災した又は自分の家族が被害にあったように心苦しい思いをされているのは、陛下の大御心がさせるものだと拝察致します!今、我々には祈るしかないとの思いで日々の祈りを重ねる中、被災者の為に役立ちたい・何か自分に出来る事はないかと思われている方は沢山おられると思います。その祈りの上で、募金や支援物資などの様々な活動が!人は人の役に立って人となるというところを改めて感じますし、こうした苦難を乗り越えた時には大きな力になるものと思います。祈りを始め、今出来る様々な活動をお互いにつとめてまいりましょう!

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

学生監補

Author:学生監補
。。。黒住教。。。
黒住教は、昇る朝日を拝む「日拝(にっぱい)」の宗教です。
日の出を拝み、感動と感謝の心で、人に社会に誠を尽くす事を、そのつとめとしています。
黒住教教祖宗忠様は、「人は皆、天照大御神様の“ご分心”をいただく神の子」という人間観を明らかにされました。
“親心”でお護りお導き下さる天照大御神様に孝養を尽くす思いで、神の心である私達の“本心(ご分心)”を、丸く大きく明るくあたたかく逞しい、本来の姿に養い育てる事が本当に生きるということです。
教祖宗忠様が説き明かされた教えは、“心なおしの道”であり“開運の道”なのです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。