学生監補日記

  べっち~ BLOGのナビゲーター   トップページ > 2011年03月08日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掃除・洗濯。。。

2011 - 03/08 [Tue] - 11:38

友人に会う為に、妻と子が帰省中でございます

静かな家に独りぼっちでいるのは寂しいですね。。。


世の花は散らばや散れよ天つちに つきせぬ道の花を咲かせん
‐コメント‐
教主様より“国民の文明史”という本を貸していただき拝読させて頂きました。文明の発達は、物々交換から始まり農業へ変化。こうした変化をみると、士農工商という身分制度の縦への繋がりに似たものを感じました。

(おこたえ)
士農工商というのは面白い表現ですね。教祖神の奥様(いく様)が危篤になられた時、教祖神は御神前でお祓いを上げ続け、息を引き取られた事を聞くと、その悲しみのあまりに気絶。意識を取り戻された後、更にお祓いを上げ奥様の枕元に行かれたと伝えられています。その時枕元で“昨日(キゾ)の花今日の夢とは聞きつれど 今の嵐はうらめしきかな”と詠まれ、更に今日の御神詠を!教祖神の奥様を思う気持ち、また力強さを感じます。

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

学生監補

Author:学生監補
。。。黒住教。。。
黒住教は、昇る朝日を拝む「日拝(にっぱい)」の宗教です。
日の出を拝み、感動と感謝の心で、人に社会に誠を尽くす事を、そのつとめとしています。
黒住教教祖宗忠様は、「人は皆、天照大御神様の“ご分心”をいただく神の子」という人間観を明らかにされました。
“親心”でお護りお導き下さる天照大御神様に孝養を尽くす思いで、神の心である私達の“本心(ご分心)”を、丸く大きく明るくあたたかく逞しい、本来の姿に養い育てる事が本当に生きるということです。
教祖宗忠様が説き明かされた教えは、“心なおしの道”であり“開運の道”なのです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。