学生監補日記

  べっち~ BLOGのナビゲーター   トップページ > 2011年03月04日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた雪が!!

2011 - 03/04 [Fri] - 17:52

私が住む岡山県南は、真冬でも雪が少ないと聞いておりますが。。。
今年は例年よりも多い雪だったそうです

でも。。。まさか、3月に入っても雪を見るとは思いませんでした

昨日、寒いなぁと思っておりましたら、夕方外を見ると雪が降ってるではありませんか

寒いはずですね。。。夜にも結構降っていましたよ


天地に任せまつりし我が身には 与え給いし事の嬉しさ
‐コメント‐
先日、車を運転していたら、目の前に霧のようなものがかかりブレーキを!その瞬間、車の前に上から数十枚の屋根瓦が落ち、もう少し前に出ていたら大事故に!すぐに“おかげ”をいただいたと感じました。ただの偶然というだけでなく、日々どんな小さな事にも“気付く”そして日々の感謝を忘れない事の大切を、改めて感じました!
(おこたえ)
先日、岡山でコックをされている方と話しを!毎年の新春特別ご祈念を頼まれており、“いつも守っていただいていると感じました!”と。。。その方が、自転車に乗っていると、後ろの荷台に店看板が落ちてきて、ほんの数秒遅かったら大変な事になっていたとの事。偶然ではなく、全てが必然であり、我々は常に教祖神にお守りいただいていると感じていく事が大切ですね。又“苦しい事があっても・難があってもそれも善し”と全てを受け入れる教祖神の大きさ、まさに神と立たれている事が伺える御歌ですね。常にお守りいただいている事を感じながら、少しでもその境地に近づけるよう、つとめていかなければなりませんね。

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

学生監補

Author:学生監補
。。。黒住教。。。
黒住教は、昇る朝日を拝む「日拝(にっぱい)」の宗教です。
日の出を拝み、感動と感謝の心で、人に社会に誠を尽くす事を、そのつとめとしています。
黒住教教祖宗忠様は、「人は皆、天照大御神様の“ご分心”をいただく神の子」という人間観を明らかにされました。
“親心”でお護りお導き下さる天照大御神様に孝養を尽くす思いで、神の心である私達の“本心(ご分心)”を、丸く大きく明るくあたたかく逞しい、本来の姿に養い育てる事が本当に生きるということです。
教祖宗忠様が説き明かされた教えは、“心なおしの道”であり“開運の道”なのです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。