学生監補日記

  べっち~ BLOGのナビゲーター   トップページ > 2011年02月20日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桃の節句も近づきました!

2011 - 02/20 [Sun] - 17:25

私には、8ヶ月になる可愛い娘がいます                 
               毎日、その可愛さにメロメロです 

来月には、初節句のお祝いも。。。おじぃちゃんもおばぁちゃんも大張り切りです 




神のます道の教えを本として 楽しみ深き老初の春
‐コメント‐
最初の御神詠拝戴の時、教主様からいただいた言葉で“人それぞれ様々な人生があるが、無駄な事はなく、ふと振り返った時に一筋の道が出来ている”との話しに、子供から父親を無くしてしまった事に負い目を感じていた自分自身救われた気持ちに!これから残りの人生で、大きな糧となるお言葉をいただき、本当に有り難うございました!これからも人に誠を尽くし、困った人がいたら寄り添っていけるようにしたいと思います。

(おこたえ)
この御歌は、教祖神ご自身が大病を患い快復されたご体験もあり、御文にも“三十年以前の大難が 今この幸せに相成り候(御文168号)”と。。。“難有り有り難し”それがあればこそと過去を振り返るほのぼのとした御歌ですね。

             110220_065059.jpg

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

学生監補

Author:学生監補
。。。黒住教。。。
黒住教は、昇る朝日を拝む「日拝(にっぱい)」の宗教です。
日の出を拝み、感動と感謝の心で、人に社会に誠を尽くす事を、そのつとめとしています。
黒住教教祖宗忠様は、「人は皆、天照大御神様の“ご分心”をいただく神の子」という人間観を明らかにされました。
“親心”でお護りお導き下さる天照大御神様に孝養を尽くす思いで、神の心である私達の“本心(ご分心)”を、丸く大きく明るくあたたかく逞しい、本来の姿に養い育てる事が本当に生きるということです。
教祖宗忠様が説き明かされた教えは、“心なおしの道”であり“開運の道”なのです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。