学生監補日記

  べっち~ BLOGのナビゲーター   トップページ > 2011年02月18日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の雨から一転

2011 - 02/18 [Fri] - 17:13

昨日からの雨で、今日もお日の出を見るのは難しいかな?と思ってましたが
         


          110218_065425_ed.jpg
素晴らしいお日の出を見る事が出来ました


過去の記事
改玉の年のはじめの今日よりは 萬の宝心任せに
‐コメント‐ 
年末に注連縄を奉納された方と、芽がなる前の8月には稲を刈り、準備を始める等の話しを。お正月はご祈念の祈り添えに、御神前に上がらせていただいたりと貴重な体験を!神道山で新年を迎えられた事が本当に嬉しく、有り難い気持ちでいっぱいです。

(おこたえ)
この御歌は新春ご祈念の祝詞にもあり、何度も御神前でも奏上させていただきました。注連縄もただ見るのではなく、それまでに関わった方の事を思うと美しく、輝いて見えますね。そうした感動・感激を持っていく事が大切ですね。



天照らす神のみ徳を世の人に 残らず早く知らせたきもの
‐コメント‐
学院も明日で修了式を迎えます。過ぎてみるとあっという間で、諸先生方から色々な事を教えていただきました。特に若い人は宗教に対してのイメージがあまり良くありませんが、この御歌を忘れず、百日修行が終わってからがスタートという気持ちで、親しい人から色々な事を伝えていきたいと思います。

(おこたえ)
この御歌は、教団としての元となるものですね。布教無くしては宗教は成り立ちませんが、布教と言うと悪いイメージを持つ人が多いですね。貴女が経験した嬉しかった・有り難いと感じた事、又お道づれとして、寄り添い共に歩む事を大切にしていただきたいと思います。

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

学生監補

Author:学生監補
。。。黒住教。。。
黒住教は、昇る朝日を拝む「日拝(にっぱい)」の宗教です。
日の出を拝み、感動と感謝の心で、人に社会に誠を尽くす事を、そのつとめとしています。
黒住教教祖宗忠様は、「人は皆、天照大御神様の“ご分心”をいただく神の子」という人間観を明らかにされました。
“親心”でお護りお導き下さる天照大御神様に孝養を尽くす思いで、神の心である私達の“本心(ご分心)”を、丸く大きく明るくあたたかく逞しい、本来の姿に養い育てる事が本当に生きるということです。
教祖宗忠様が説き明かされた教えは、“心なおしの道”であり“開運の道”なのです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。