学生監補日記

  べっち~ BLOGのナビゲーター   トップページ > 2011年02月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かわいい、わが子!

2011 - 02/23 [Wed] - 08:53

私には、8ヶ月になる可愛い子供がいる事をお話ししたと思いますが 

最近、つかまり立ちをするようになりまして  子供の成長は本当に早いなぁって思います

子供が、自分を親として育ててくれると言いますが、本当にその通りだなって思います 
妻も私も、子供と共に色々な事を一緒に学んで、共に成長して行こうと頑張ってます

子供のその純粋無垢な姿を見ていると、色々な事を教えてくれますね 
今の自分と子供の頃を比べると、色々な知識もついて来て、それは勿論大切な事なんですけど、ついつい人に対する疑いの気持を生んでしまっている時がありますね

どんどんと巧妙化する犯罪が多発する中、善し悪しを見分ける為に、疑いを持つというか、一歩引いて考えないといけない事はもちろんありますが、やっぱり根本は人を信じ、お互いを思いやる心を大切にしないといけないですよね

子供が妻や私を見て笑ったり、抱きついて来たりするのを見ると、自分達の事を心から信じてくれているんだろうなって感じ、その気持をいつまでも持っててもらえるようにしっかりしなきゃいけないなってつくづく感じます


天照らす神の宮居に住む人は 限り知られぬ命なるらん
‐コメント‐
昨年10月~12月31日迄、新春ご祈念のお手伝いをさせていただきました!今回で2回目となり、手順は分かっているものの、膨大な数に大変な事も。。。もう皆様の元に届いているだろうなと思いますが、皆様のご開運をこれからもお祈りしていきたいと思います。
(おこたえ)
本当にご苦労様でした!大変な仕事だとは思いますが、それだけに“おかげ”を受けられる方も多いのではないかなと思います。新春ご祈念が届いた方々から、早くも御礼状も届いております!“天照らす神の宮居”とは、今ここ神道山であり、御日拝の時間ではないでしょうか。。。神道山大教殿にいる事、御日拝をつとめている時が“神の宮居に住む”時としてつとめていきましょう!

今朝のお日の出です
110223_064411.jpg

これは昨日のお日の出ですよ
DVC00057.jpg

日中は暖かくなりました!

2011 - 02/21 [Mon] - 16:51

風は冷たいですが、日が当たると暖かく気持がいいですね 

 でも。。。次は花粉に悩まされる方々がおられるのではないでしょうか?
                                     私もその一人です。。。  

今年は、例年よりも花粉の量が増えるとの話も聞きましたし……

私の地元は岡山でなく、海を渡った海外
              …………………………瀬戸内海という海を渡った島国なんです

みかんが美味しくて、蛇口からは“ポンジュース”が出てた事も!
                   ↑これは本当に 一般家庭ではないですけどね。。。 

そこで生まれ育って、それから一人暮らしで東京でも生活してました

その東京での生活で、始めて花粉症になってしまったんですけど 初めは、風邪でも引いたのかな?と思ってて… 病院へ行くと花粉症じゃない?と言われ耳鼻科へ。。。それからは毎年ですね

でも、一昨年岡山に来てからは、軽くなったような気もします  有り難い事ですね



過去に聞いた話をまとめて載せています
天地にただ一筋のその道を すぐに行くこそ楽しかりけれ
‐コメント‐
平成23年1月10日は、大元・宗忠神社で“どんど祭”が執り行われました。そこで、お餅を竹に刺し、ご参拝の方々に配るお手伝いを!子供に何をしているか聞かれて 「このお餅を食べて、今年一年健康に過ごせるようお祈りしてもらうんだよ!」 との話を。子供達の無邪気な姿を見たり、ご奉仕に来ていただいた方々とも楽しく話しも出来、私も、皆が健康で平和に暮らせるようにとお祈りさせていただきました!

(おこたえ)
この御歌は、教祖神を信じ一筋に生き、又子供のような純粋無垢な心を持った貴方にピッタリだと思います。“今年より三つ子となるも有り難し 赤子となればなお有り難きかな”との御歌もありますが、その子供のような純粋無垢な心をいつまでも大切にして下さい。

H23.02.21 (3) H23.02.21 (2)
両方とも今日のお日の出です 優しく、暖かなお日の出から、金色に輝き出す様は本当に素晴らしいです。

桃の節句も近づきました!

2011 - 02/20 [Sun] - 17:25

私には、8ヶ月になる可愛い娘がいます                 
               毎日、その可愛さにメロメロです 

来月には、初節句のお祝いも。。。おじぃちゃんもおばぁちゃんも大張り切りです 




神のます道の教えを本として 楽しみ深き老初の春
‐コメント‐
最初の御神詠拝戴の時、教主様からいただいた言葉で“人それぞれ様々な人生があるが、無駄な事はなく、ふと振り返った時に一筋の道が出来ている”との話しに、子供から父親を無くしてしまった事に負い目を感じていた自分自身救われた気持ちに!これから残りの人生で、大きな糧となるお言葉をいただき、本当に有り難うございました!これからも人に誠を尽くし、困った人がいたら寄り添っていけるようにしたいと思います。

(おこたえ)
この御歌は、教祖神ご自身が大病を患い快復されたご体験もあり、御文にも“三十年以前の大難が 今この幸せに相成り候(御文168号)”と。。。“難有り有り難し”それがあればこそと過去を振り返るほのぼのとした御歌ですね。

             110220_065059.jpg

« | HOME |  »

プロフィール

学生監補

Author:学生監補
。。。黒住教。。。
黒住教は、昇る朝日を拝む「日拝(にっぱい)」の宗教です。
日の出を拝み、感動と感謝の心で、人に社会に誠を尽くす事を、そのつとめとしています。
黒住教教祖宗忠様は、「人は皆、天照大御神様の“ご分心”をいただく神の子」という人間観を明らかにされました。
“親心”でお護りお導き下さる天照大御神様に孝養を尽くす思いで、神の心である私達の“本心(ご分心)”を、丸く大きく明るくあたたかく逞しい、本来の姿に養い育てる事が本当に生きるということです。
教祖宗忠様が説き明かされた教えは、“心なおしの道”であり“開運の道”なのです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。