学生監補日記

  べっち~ BLOGのナビゲーター   トップページ > 御日拝  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月に入りまして。。。

2012 - 09/03 [Mon] - 11:11

 まずは、ご報告があるのですが。。。

8月28日に、元気な女の子が誕生しました。

3650㌘の大きくて元気な赤ちゃんです!!


 9月1日には、母子共に退院して、今は自宅で元気にすくすくと育ってます。

 これからが大変だとは思いますけど、しっかり育メンしていきたいと思います。


早くも9月に入りまして…… まだまだ暑いものの、秋の装いを少し感じるようになりましたね。。。

私は何がしたいって。。。(笑) バス釣りに行きたいなぁって思ってるんですけどね。。。




姿こそ皆それぞれに変われども 心の元は一つなるらん

‐コメント‐
 先日、旭川莊へ奉仕に行かせていただきましたが、私も以前そうした施設で働いておりました。

 その時に家族の方から、「どうして家にこの子が生まれて来たのでしょうか?」という質問等があり、その時私は、「何か意味があって生まれて来ている。両親の愛情が深いからこそ、神様がこの子をお任せ下さったのではないでしょうか。」という話しを致しました。
奉仕の間、そうした昔の事を思い出し、生意気言ったな等と反省もする一日となりました。

(おこたえ)
昭和40年代、重症心身障害児運動の際、重度の障害を持った子供の親の話を伺いましたが、今言われたような思いを持たれていて、親子心中をはかろうとまでしたご婦人がおられました。

ですが、きっと何か意味がある。私に神様がお任せ下さったのだという思いに至り、結果的には我が修行として、子供に愛情をいっぱい注がれておりました。

そうした親子の絆の深さの大切を感じますし、そこに到るまでのもがき苦しむような体験は計り知れないものがあると強く感じます。

まさにこの御歌のままに姿形は違いますが、そこに鎮まる“ご分心”の働きには確かなものがあると強く感じますね。

スポンサーサイト

今朝のお参り。。。

2012 - 08/24 [Fri] - 10:12

 今日の神道山での御日拝は、

 小学生の女の子4人組が、お母さんと一緒に参拝していました。


御日拝の後にある大教殿御拝にも最後まで参拝して、とても素晴らしい事だなと感じました。


 その微笑ましい姿を見てなのか、今朝はまた素晴らしいお日の出を拝む事が出来ました。

写メにも撮りたかったんですけど… 
   今朝私は後取(しどり)という役をしておりましたので、

 携帯をかまえてパシャっという訳にはいきませんでした。。。 …ごめんなさい…



海あれば山もありつる世の中に 狭き心を持つな人々
-コメント-
先日旭川莊へボランティアで行ってまいりました。

私は昨年個人的にも参加させていただきましたが、私達が通る度に施設にいる子供達が何かを訴えているように感じました。

 昭和40年に教主様が青年連盟長として、重傷心身障害児運動を展開した事等も昨年学び、こうして黒住教との御縁も深い旭川莊で奉仕出来た事を有難く思いますし、これからも邁進してまいりたいと思います。


(おこたえ)
本当に有り難うございました。今は、当時よりも更に大きな施設となりましたが、障害を持った人達は私達よりも敏感・純朴で、まさに“ご分心”の働きが素直に出ているように思います。

 山あり谷ありと言いますが、谷があってこそ山の有り難さが分かるものですし、ここ神道山が神聖なものに満ちていると感じられるところもそうしたところにあるので、この御歌は我々にとってとても尊いものですね。

夏日が続きますが。。。

2012 - 08/23 [Thu] - 10:01

 今日も朝から日差しが強いですね。。。

先日まで、小学5年~高校3年生までを対象に、

ヤングキャンプというのが行われていました。

 一日目は、倉敷にありますアイヴィスクエアというところに行って、手作りキャンドルを体験。


 可愛いキャンドルが色々とあって私も作ってみたいなぁと。。。

 子供達がメインなので、今回は我慢をしてまた家族で行ってみたいと思います。

その後は、倉敷科学センターに行ってプラネタリウムも行って来ました。
小学生の時に行った以来なので、結構楽しめましたよ

 その日は神道山に泊まって、翌日からは外でのキャンプ!!

 私はというと。。。妻の出産予定日となり、皆をお見送り。


 次の日に帰って来た時の受け入れ準備となりました。。。



 その妻は…まだ出産を迎えておらず、毎日そわそわしてる私であります


現地はというと、局地的な豪雨に見舞われ大変だったみたいです。。。




差し当たる事のみ思え人はただ 昨日は過ぎる明日は知られず
‐コメント‐
 私は病気を宣告されてから、病気の事ばかりに意識がいってしまっていました。
この御歌を初めていただいた時に、今こうして生かされている事の有り難さを感じましたし、これからも今のこの一瞬を生かされている事へ感謝し、教祖神の御教えをしっかりと学んでいきたいと思います。


(おこたえ)
 貴方は、この御歌のところを体で感じておられますね。

 毎日、今日という日が生まれて、また明日には新しい明日が生まれるわけですが、今日只今を大切に過ごして行く事が大切ですね。

 この御歌と一緒にいただいて欲しいものに、“有難き事のみ思え人はただ 今日の尊き今の心の”とあります。まさに今のこの一瞬を有難き事のみに徹していける事が一番大切なところですね。

 | HOME |  »

プロフィール

学生監補

Author:学生監補
。。。黒住教。。。
黒住教は、昇る朝日を拝む「日拝(にっぱい)」の宗教です。
日の出を拝み、感動と感謝の心で、人に社会に誠を尽くす事を、そのつとめとしています。
黒住教教祖宗忠様は、「人は皆、天照大御神様の“ご分心”をいただく神の子」という人間観を明らかにされました。
“親心”でお護りお導き下さる天照大御神様に孝養を尽くす思いで、神の心である私達の“本心(ご分心)”を、丸く大きく明るくあたたかく逞しい、本来の姿に養い育てる事が本当に生きるということです。
教祖宗忠様が説き明かされた教えは、“心なおしの道”であり“開運の道”なのです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。